メニュー

糖尿病でお悩みの方のための糖尿病情報サイト

トップ › 糖尿病の主な種類 › 1型糖尿病

1型糖尿病とは

1型糖尿病の症状としては膵臓のβ細胞がインスリンを破壊するために本来必要なインスリンが不足してしまうことが原因の糖尿病になります。以前まではインスリン依存型糖尿病または小児糖尿病と呼ばれていたのが1型糖尿病になります。治療についても1型糖尿病独自の治療を行うことになります。
1型糖尿病は2型糖尿病と異なる生活習慣とは無関係な人ほど免疫性の強い不安の原因となる糖尿病です。1型糖尿病の症状では、インスリンの分泌についてβ細胞に海外影響でインスリンの分泌利用が低下するか、インスリン自体がほとんど分泌されなくなって発症してしまう糖尿病になります。
発症の大半が子供の年齢ですが大人でも発症する糖尿病です。

1型糖尿病になる方って?

1型糖尿病になる人は、現在でも発症原因が不明となっており治療だけが確立されている。原因として考えられるのが自己免疫の異常が糖尿病を発症させると言われております。そのため遺伝的原因で糖尿病を発症してしまうことがあるため1型糖尿病は遺伝的原因が強い糖尿病とも言われております。
自己抗体の証明により1型糖尿病の症状に該当する人も居れば自己抗体が証明されず自己免疫性と言われない1型糖尿病に該当する人がアジア人やアフリカ人に多いです。

緩徐進行1型糖尿病とは?

緩徐進行1型糖尿病は、最初に糖尿病と診断される時に2型糖尿病と誤って診断されることがある糖尿病です。この糖尿病は発症した後治療法として食事療法や運動療法を行う治療を続けることで血糖のコントロールができます。この結果1型糖尿病の症状に状態になっていく糖尿病になります。そのためその後の治療はインスリン療法を始めていくことで血糖値のコントロールとインスリンの分泌のコントロールを行うことができる糖尿病です。

劇症1型糖尿病とは?

劇症1型糖尿病は、治療を行う前に糖尿病として診断された人の中には数日で糖尿病の状態が急激に悪化する場合があります。このタイプの糖尿病を劇症1型糖尿病と呼ばれているものです。 子どもや10代で発症する1型糖尿病でもこちらのタイプの糖尿病は、発症する90%以上が20歳以上でよりそのうち70%の患者が糖尿病直前で風邪の症状がある特徴があります。 妊娠をしている状態で糖尿病になる場合はこちらのタイプの糖尿病になります。

オススメ治験会社一覧