メニュー

糖尿病でお悩みの方のための糖尿病情報サイト

トップ › 糖尿病の主な種類

糖尿病の主な種類

大きく2種類に分類できる糖尿病

糖尿病の種類については、1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝的な糖尿病と妊娠型糖尿病の種類があります。中でも1型糖尿病と2型糖尿病になる人が多いため糖尿病ではこの2つの種類が代表的な糖尿病の症状となります。この1型糖尿病と2型糖尿病は、発症、発症年齢及び体系が異なる糖尿病になります。しかし最近では、子供の糖尿病と言われている1型糖尿病はあらゆる年齢層にも起こる可能性があると言われております。 2型糖尿病も最近では子供の年齢でも発症する病気になっています。

1型糖尿病について

1型糖尿病では、以前まで1型糖尿病は十代の子供たちが発症する種類の糖尿病と言われていましたが、最近では年齢に関係なく発症してしまう種類の糖尿病と言われています。そのため検査をすることで1型糖尿病の症状と判断することができますが、インスリン補給を必ず行う必要がある糖尿病の種類となります。1型糖尿病はインスリンを作る膵臓のβ細胞が壊れてしまうのが原因です。

2型糖尿病について

2型糖尿病は日本の成人した人たちの糖尿病の90%以上がこちらのタイプに該当する種類の糖尿病です。自覚症状がない糖尿病はこちらの見方糖尿病の種類となり進行して初めて気がつく病気となります。
最近では食生活の欧米化が進むことにより若い年齢層が子供たちでも2型糖尿病の種類に該当する糖尿病を発症する割合が増えています 。2型糖尿病は、膵臓で作るインスリンの量が少ない場合、インスリンの働きが悪い場合とその両方の原因で発症します。

オススメ治験会社一覧