メニュー

糖尿病でお悩みの方のための糖尿病情報サイト

トップ › 運動療法

運動療法が必要な理由

糖尿病の治療で運動療法の必要性は、身体の健康な状態を維持するために必要な治療となります。糖尿病の原因として考えられるのは運動不足や肥満にあります。このような状態で食事療法や薬物療法を行っても効果が薄くなります。
糖尿病にならないように体のコントロールも必要となります。また、運動療法は糖尿病の治療を行う上で有力な治療方法の1つとなっています。特に日本人で多くの人が糖尿病では2型糖尿病に該当し、この治療に有効だからです。

運動療法でどんな効果が得られるか

糖尿病の治療を行うために運動療法を行った場合には、体を健康な状態にすることができ運動不足や肥満が解消されることで高い血糖値を低下させる効果があります。血糖値を低下させる効果が運動療法にあるため糖尿病の治療方法の1つとして用いられることになります。糖尿病の恐ろしい症状として合併症があります。この合併症にならないためにも運動を定期的に行い体重を減らすことが望ましいことになります。糖尿病から合併症を発症しないためにも運動療法が効果的です。

糖尿病治療で有酸素運動の効果

血糖値のコントロールを行う事は糖尿病の治療で大変重要なポイントです。運動療法の中で血糖値のコントロールを行うためにも血糖値の数値が低下できる運動を行います。血糖値の数値が低下できる運動に有酸素運動があります。酸素を十分に取り入れることを目的としている全身運動となる方法です。有酸素運動では、ジョギング、水やウォーキングそしてサイクリングがふさわしい運動となります。

継続できる運動

糖尿病の治療で運動療法を行うときには肥満解消のために体重を落とす運動を行います。この運動を行うときにはキツイ運動ではなく楽な運動を行い、毎日行うことができ運動時間を長く続けることができる運動を選択します。脂肪を燃焼させエネルギーに変換できる運動をすることで、体の余分な脂肪を減らすことができます。糖尿病の原因となる肥満体質の改善には体重を減らすことも重要な運動療法となります。

無理のない運動量

糖尿病として運動療法を行うときに気をつけたいのが血圧のコントロールを行うことです。運動を行うと一時的に血圧が上がることになりますが、運動した後は血圧が下がることになるので、普段から体に負担の少ない運動量で運動を継続することを考えて行います。糖尿病の治療で運動療法を行う事はとても重要なことですが、平常時でも血圧が下がるような運動を選択する必要があります。また、糖尿病の人で運動治療を行う場合には運動する時間にも注意を行う必要があります。

運動と血液の循環

糖尿病の人が運動療法を行い体の改善を行うのはとても重要な治療です。合併症予防を行うためにも適度な運動を毎日行う必要があります。合併症は高血圧や心筋梗塞など血管に関係のある病気が多く、合併症予防することで血管の脆さを改善することは血液の循環の改善につながります。また、血糖値のコントロールを行うためにはブドウ糖を消費することはとても効果的です。運動することによりブドウ糖が多く消費される事は血糖値が低下することになります。

オススメ治験会社一覧