メニュー

糖尿病でお悩みの方のための糖尿病情報サイト

糖尿病情報サイト

知らないと怖い糖尿病

生活習慣病は、普段の生活の習慣で発症してしまう病気で進行が生活の習慣に深く関わっているものになります。脂質異常症、高血圧と肥満そして糖尿病が代表的な生活習慣病になります。中でも糖尿病の症状に関しては他の生活習慣病に関係する症状が発症してしまうためとても恐ろしい病気になります。単独でも命に関わる者ですが重複することでさらに危険度が増す病気です。糖尿病は、一度症状が発症してしまうと完治することが難しい病気と言われており長く付き合っていくことになりますが、上手にコントロールすることで普段の生活を送ることができます。


このサイトではその生活を送るために行うべき方法と糖尿病の症状について紹介します。

糖尿病とは

糖尿病とは?

糖尿病は血液中の糖分の数値が異常に高くなる症状により発症する病気になります。この糖尿病の恐ろしいところは、目に見える自覚症状がなく糖尿病の症状が進行していくことです。健康診断や病院で検査を受けることで初めて血糖値が高くなり糖尿病と診断されることになります。


生活習慣病の1つと該当するこの糖尿病は、年齢に関係なく症状が発症するため少ないからだのサインを逃さないようにする必要があります。

糖尿病の発症の仕方

糖尿病の発症の仕方

糖尿病の発症の症状としては、炭水化物等を体が摂取するとブドウ糖に変わります。ブドウ糖が体内になると体ではインスリンを膵臓が血液中に出します。この結果ブドウ糖が減ることになります。これが正常な体の血糖値の変化になりますが、糖尿病の症状があるとインスリンを作る数が不足することになります。その結果ブドウ糖が血液中に残り血糖値が上がります。この血糖値が上がることで合併症や体に様々な症状を起こすことになります。

糖尿病の治療手段

糖尿病の症状を治療するための方法として一般的に行われるのが内科的治療と呼ばれているものです。外科的治療は重度の糖尿病患者しか適用されないのが現実となります。そのため糖尿病の治療として一般的なのが内科的治療で血糖値のコントロールを行うことです。


日常の血糖値のコントロールを行うことで健常者と同じ生活を送ることが可能となります。内科的治療では食事療法、運動療法そして薬物療法があります。

食事療法

食事療法で糖尿病の症状となる血糖値を抑えるためには、重要なものが炭水化物の摂取をどれだけ抑えることができるかに求められています。血糖値を確実に上昇させる原因は炭水化物の摂取にあるため、炭水化物の摂取を減らすことで血糖値の上昇を抑えるのが食事療法になります。


最近の糖尿病の食事療法では、健康的なダイエットを推奨する場合があります。食物繊維の多い果物や野菜を多く摂取し砂糖や脂肪が少ない食事をする方法です。

運動療法

糖尿病の治療で行う運動療法は、糖尿病で発症する心配のある症状を抑えるように行う治療で、体の全体もしくは1部を動かして糖尿病の症状の軽減や機能の回復を目指す治療法になります。


運動療法は、現在の運動医学やスポーツ医学の研究が進むことで生活習慣病に効果的な治療法と言われています。有酸素運動やレジスタンス運動がインスリンのコーセーの改善に有効とされていますが、糖尿病慢性期合併症が生じた場合には運動療法は行わない方が良いです。

薬物療法

糖尿病の治療で行われる薬物療法では、インスリン療法が行われることになります。インスリン療法ではインスリンの頻回注射や持続皮下インスリン注入を行う治療法です。医師の指示に従ってインスリン注射を行うことで血糖コントロールを良い状態にする方法です。食事の後に行う治療になります。強化インスリン療法以外に行うのが治療薬を服用する方法ですが食事療法や運動療法と並行して行う治療法になります。

治験での治療について

糖尿病の治療を行う方法で、治験による治療があります。治験とは、薬として一般的に使用されていない薬を使用したことにより有効性や安全性について調べるのが治験になります。この治験治療を行うのに糖尿病の患者で使用することがあります。糖尿病の患者がこの治験に参加することで、糖尿病の治療を行うことができます。強制ではなく患者の任意となっております。

糖尿病患者に知って欲しい治験でのメリット

糖尿病の治療を治験で行うメリットとしては、まだ世に出ていない糖尿病の薬を使用することができ、結果有効性があれば糖尿病の治療や繋がることになります。治験を行っているときには、定期的に健康診断を行うことになりますが検査の費用の負担が少なくて済みます。治験の場合には、協力費として報酬を得ることができるのが1番大きなメリットになります。

医療費削減

生活習慣病の1つである糖尿病は、合併症の危険がある日本でも重要視されている症状の1つです。しかし、糖尿病の治療を行うときには保険適用の病気として治療を受けることができますが、毎日継続して行う投薬やインスリン注射そして定期的な診断を行うには医療費が必要となります。日本は、国民皆保険制度を利用することができるため保険適用で負担については3割が最高となっています。


重度の糖尿病では医療費が高額となりますが、高額療養費制度を利用することで医療費を軽減することができます。

安全な新しい治療が試せる

糖尿病の症状ではいろんな治療法を行うことができますが、治験による薬の開発や医療器具の利便性となる医学の進歩は、糖尿病の治療でも深くかかわってきています。今まで使用していた薬よりも安全で新しい効果のある薬が開発されております。


医療器具に関してはインスリン注射に抵抗がある注射方法が無痛注射を行うことでインスリン注射の抵抗を軽減することに成功しています。医学の進歩により糖尿病の治療は今後も変化して安全性が向上することになります。

オススメ治験会社一覧